O2Oは人気につながる手法

calendar

2018年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

category

article list

2017年10月18日
O2Oによる誘導でブランド化も可能を更新しました。
2017年10月18日
O2Oの便利さとはを更新しました。
2017年10月18日
O2Oで新規顧客も期待できますを更新しました。
2017年10月18日
企業のO2Oを使ったマーケティング施策を更新しました。

企業によるO2Oを取り入れた施策

O2Oを使ってお客を集めようとする飲食店が増えています。増加しているのはクーポン券を使った集客方法です。スマホで店のアプリをクリックすると、割引クーポン券が出てくるのでそれを店の店員に見せればお得に利用できる仕組みです。簡単なやり方ではありますが、この手法で売り上げを大きく伸ばした店もあるので、効果的な手法と評価できます。
広告チラシを使ったO2Oの導入をしている企業もあります。アプリを見ることで、新聞折込チラシと全く同じ内容の情報を得られる機能です。例えば通勤で忙しくて新聞を開く暇がなかったとします。その時にスマホでアプリを見れば、チラシの情報が分かるので、帰りに店によって何かを買おうという意欲につながります。商品を購入したい気分にさせるのがこのO2Oの特徴です。
主に洋服店やホームセンターがこのやり方を使って集客しています。消費者の心理を巧みについている見事なやり方と言えます。
新聞折込チラシに広告を出さないタイプの店の中には、O2Oを使って宣伝している所もあります。店は100円ショップ、コンビニなどで、アプリを押せば人気になっている商品が分かるシステムを取り入れています。この効果のおかげで、宣伝した商品のコーナーにお客がやって来る機会が増加傾向です。

O2Oは人気化につながる手法

飲食店の中にはアプリに餃子の割引クーポンを入れたことで、落ち込んでいた業績を回復させた所があります。地味な印象がある店でしたが、O2Oのシステムの導入により餃子が美味しい店だと利用者の評判になり人気化しました。O2Oがなかったら客足が遠ざかっていた可能性もあります。なので、店側からしてみればO2Oは福の神みたいな存在かもしれません。
食品スーパーの中にもO2Oを取り入れた所が増えてきています。スマホでアプリを押すと、お刺身や肉などが3割引きセール中と表示される仕組みになっているので、一仕事終えた後に店に寄りたくなるのがこの手法の特徴です。このやり方の上手い所は、消費者が安い価格の品をカゴに入れるとやや割高な品に手を付けたくなる部分です。節約できた分を他に回そうという心理を見事に掴んでいるので、売上増加が期待できるでしょう。
ガソリンスタンドのアプリは車を利用する人達に人気があります。アプリをクリックすることで価格がすぐに出てくるため、現在のガソリン価格が分かるシステムです。また、安い会員価格も画面に表示させることで、会員になるように仕向ける効果もあります。ガソリンは2円安いだけでも何度も使えば大きな違いが出るので、アプリ利用者の中には会員になる人も増えています。