O2Oによる誘導でブランド化も可能

calendar

2018年5月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

category

ネットと現実の両方を考えられるO2O

ネット取引の売上高は順調に成長していますが、オンラインでは値下げ競争になりやすく、店舗による販売の重要性は変わっていません。特に、飲食店などの店舗の中でサービスを提供する業種では、オフラインで対面することがスタート地点になります。電子空間から現実へとつなげるO2Oであれば、インターネットと対面販売の両方の長所を取り入れられるとあって、多くの企業が注目しているのです。
商売の基本は人で売ることで、より気分良くなれる店員と店舗、あるいは、自分が抱えている問題を解決してくれるところを選びます。オンラインだけでは不可能だった、スタッフによる手厚いサポートや、居心地の良さで勝負できるから、同業他社との違いを示しやすく、O2Oによる誘導でブランド化をすることも可能です。多少高くても利用したい店舗と認知されれば、価格競争から脱却して、高収益の事業へと発展させられます。
大企業もO2Oを真剣に検討しているのは、インターネットによる商取引の市場が飽和しつつあるからです。店舗の売上は現在でも大きな割合を占めていて、より付加価値を高める点でも、お客様を招く店舗のスタイルの方が向いています。利用する動機づけをO2Oによって行い、店舗でお得な買い物をさせることで、お店そのものに愛着を持たせるのが全体的な流れです。

レシートによる画期的なO2O

日本の店舗では、どれだけ小さな金額のショッピングであっても、購入した内容の証明としてレシートを渡しています。店舗にとっては販売した記録であり、顧客にはそのお店で買ったことを証明できる書類です。バーコードによる商品管理と発行したレシートによって実現したのが、メーカーが売りたい商品をプッシュするO2Oであり、流通ルートに関係なく、特定の商品の購入を促進できます。
消費者にとっては買い物をした時のレシートを読み込ませるだけで、スマートフォン等のアプリで行うから手間がかかりません。簡単な作業をするだけで、非公開のお得なキャンペーンへの招待といった特典を得られるから、その店舗で改めて買い物をしたいと思わせられます。レシートによってエントリーするので、特別待遇というイメージが強く、O2Oとして高い効果があります。
メーカーにとっては、自社の商品を購入してくれた人物に対して、ピンポイントで魅力的な商品を勧められるので、大企業も次々と導入しています。既存のインフラを利用できる上に、個人情報の管理などの諸々の事務作業を業者に任せられるO2Oだから、新発売の商品の販売促進のみならず、収集したデータによって効果の検証も行えます。